イマカツ ダメージキャップ

イマカツ ダメージキャップ 歴史

イマカツダメージキャップを紹介する前に、イマカツのダメージキャップの原点、”帽子”の歴史について紹介しましょう。
イマカツのダメージキャップの原点”帽子”は、人類が裸で野山を駆けていた頃は、もちろん無帽だったでしょうが、帽子の起源は古く、すでに原始時代には、帽子の類似品やその前身と見られる被り物があったと言われています。
紀元前4千年頃にエジプトでは、王が王冠をかぶり、庶民が頭巾をかぶるようになっていたことは、遺跡からも知ることが出来ます。
また、中国の古書にも王冠や被り物が見られます。
しかし、それらの帽子は階級の象徴であったり、防暑・防寒・防塵または戦闘防御用として頭を保護するために用いられていたようです。その後、文化の発展に伴なって装飾の役目を兼ねるようになり、シルエットもいろいろと変化してきました。

日本においても古くから烏帽子(えぼし)や頭巾が用いられていましたが、本格的に我が国で帽子がかぶられるようになったのは明治になってからで、欧米の文化の導入に伴なう洋装化と共に普及してきました。

そんな”帽子”から生まれたイマカツのダメージキャップ。人々が、自分を魅せるために被られてから今日のイマカツダメージキャップがあるわけです。昔の人が、”帽子”を被らなかったら、イマカツダメージキャップ以前に、他のダメージキャップも生まれなかったかもしれませんね。昔の人に感謝です!(おおげさかな?)

イマカツ ルアーフィッシング入門

イマカツ ルアーフィッシング入門 心得

イマカツでのフィッシング入門編としまして、おすすめの心得紹介!

イマカツでのフィッシング入門心得その1  マッチ・ザ・ベイト

イマカツルアーをベイトにマッチさせるということ。例えば、シーバスが15cm程のイワシの群れを追いかけているのに、20cm以上のディープミノーを使う人はなかなかいないと思います。シーバスが15cmのイワシを追いかけているなら、15cm位の表層近くを泳ぐ、イワシカラーのミノーのほうが確実にその場のベイトに合っていますよね。このように、ルアーの動き、種類、大きさ、色 等をベイトとなるものに合わせる事基本中の基本です。

イマカツでのフィッシング入門心得その2  釣果は足で稼ぐべし

エサ釣りでは、エサを使用し魚を寄せて釣るというのが一般的です。
しかしルアーフィッシングでは、匂いも無ければ、撒き餌を使うことも無い。それならば、自分から動くしかないのです。動いて魚の居場所を探そう!イマカツルアーフィッシングは、エサ釣りと違い、ゴチャゴチャした道具がありませんので移動は容易に出来ます。釣れなければ、違うポイントに!を心掛けてください。

イマカツでのフィッシング入門心得その3 
                 ルアーの動きをイメージすべし

エサ釣りでは、生きたエサを使用する時勝手に動いてくれますが、イマカツルアーは自分でアクションを加えない限り動きません。その動かし方一つで釣果は変化することでしょう。基本的な動き方をイメージできない限り、高度なテクニックは使いこなせません。初心者は、まず底が見える水辺で、イマカツルアーがどのように動くか確認することが大切です。そのうち見えない場所でも、「今、木に当たってヒラ打ちしている」といったようなことが分かるようになってくるはずです。やはりこればかりは、経験しかありません!

イマカツでのフィッシング入門心得その4  相手をよく知るべし

ターゲットの生態,特徴 等の情報は釣行前に必ず調べておきましょう。何を食べているのか、どこに隠れているのか、等いろいろ調べておかないと「ボウズ」で帰る羽目になりますよ。調べる項目はたくさんありますが、とりあえず「生息地」「食性」「性格」を調べておけばなんとかなるかも!それともうひとつ大事なのは、ベイトを知ることです。イマカツでのルアーフィッシングが、ベイトに似せる釣りだと説明しましたが、その似せるものが分からなければ話になりません。「イワシ」「エビ」「カニ」等のベイトを見つけたら、一度観察してみるのも釣りの勉強です。

イマカツでのフィッシング入門心得その5  
                   足元,近場に注意すべし

「足元は危ないから気をつけて!」なんていう話ではありません^^;
意外に浅いところにデカい魚がいるのです!灯台下暗し。ここをチェックするだけでも釣果は上がるかもしれません。ルアーといえば投げるイメージが強いせいか投げてばかりいる人が多いです。しかし、そのおかげで足元の魚はノープレッシャーだったりするのです。それに、遠くで魚がかかった場合、ライン巻き取る間に近くの魚は全部逃げてしまいます。それを防ぐためにも、近くから遠くへの釣りをお勧めします。

イマカツ 限定

イマカツ 限定 ダイイングシケイダー

イマカツ限定の商品ご紹介!



イマカツ限定ダイイングシケイダー!


水面の銀幕を利用しバスを騙して口を使わせる「水面銀幕理論」から出た回答。
インセクトパターンの代表格「セミ」をモチーフにしたトップウォーターソフトベイト

虫系波動水面拡散型騙し系ソフトベイト

激化するバスフィッシングプレッシャーの中、今最も注目されている第三のベイトパターン、それがインセクトパターンです。小魚や甲殻類をモチーフとしたベイトパターンにスレてしまったバス達にとって、最も手軽で捕食しやすい安全なエサ、それが水面に落ちてくる無抵抗な『虫』達なのです。

イマカツ限定ダイイングシケイダーは春から秋にかけて、覆い被さるオーバーハングから落ちてくる最も身近でボリューム満点のバスの大好物、『蝉』をモチーフにしたトップウォーターソフトベイトです。

使い方は至って簡単。虫が落ちてきそうなオーバーハングや木の下を狙ってキャスト。水面から焦らすようにシェイキングすることによって波紋を作り出します。抜群のスナッグレス効果を利用して、草や葉っぱ、木の枝などを上手く利用し、あたかも木の上から死にかけの蝉がポトリと落ちてきたように演出するのがポイントです。

イマカツ限定ダイイングシケイダーはバルキーな中空ボディによって十分な浮力を維持し、ソフトクロールウイングは水を掴み移動距離の少ない水面シェイキングを可能としました。またストレートリトリーブでは小粒なボディから強力な波動を伴ったクロールアクションも発生します。

蝉の鳴き声が聞こえるシーズンにイマカツ限定ダイイングシケイダーはその最大の効果を発揮しますが、アフタースポーニングやサイトフィッシングにも驚異的な効果を発揮することがあります。季節を問わず、貴方自身のオリジナルなインセクトパターンを見つけだして下さい。

ただ巻きでは強い波動を伴ったクロールアクションを演出。
ピンスポット狙いではソフトクロールウィングが水を掴み、移動距離の少ない水面でのシェイクが可能です。水面に落ちて、もがくセミの動きを忠実に再現しています。ラインを使用し、バスの大好物「セミ」が落ちてきそうな覆い被さるオーバーハングや
木の枝や草葉を狙ってキャスト。木の枝や草葉に軽く引っかけ、水面へたらす様に落とし、シェイクすることで水面に
波紋を作り出します。 死にかけのセミが必死でもがき、木に戻ろうとする様を演出します。
キモは草や木などをうまく利用し (軽く引っかけ ) バスがバイトした重みでラインが
はずれる様にする事にあります。

イマカツ ショッピング

IMAKATSU/イマカツRIPRIZER130/リップライザー130 【2】

IMAKATSU/イマカツRIPRIZER130/リップライザー130 【2】IMAKATSU/イマカツRIPRIZER130/リップライザー130 【2】
■メーカー IMAKATSU/イマカツ ■商品名 RIPRIZER リップライザー130■Lenght 130mm ■Weight 約20g★コンセプト 閉ざされていたハイフローティング・ミノーテクニックの扉を開く、ニューコンセプトジャークベイト『リップライザー』!!波動とシルエット両面でリアクションバイトを誘発させるパワーを持つジャークベイトです。
さらに詳しい情報はコチラ≫



イマカツ ショッピング

IMAKATSU/イマカツバクラトスイマー/リアルカラー

★メキシカンビッグバスシークレット、バクラトスイマー降臨。IMAKATSU/イマカツバクラトスイマー/リアルカラー★メキシカンビッグバスシークレット、バクラトスイマー降臨。IMAKATSU/イマカツバクラトスイマー/リアルカラー
◆IMAKATSU/イマカツ バクラトスイマー/リアルカラー◆ROD:6.10〜7.7ft ヘビーアクションベイトロッド◆LINE:16〜25lb フロロカーボンライン★場所、水深、季節を選ばない応用力の広さ、そしてスピナーベイト並みのウォブルパワーを発揮するビッグシャッドテールナチュラルな集魚力。従来のジグヘッドスイムベイトが持つズバ抜けた遠投性水深維持能力はそのままに流体力学を考え抜いたボディー形状によって集魚効果を増強。更にいかなるカバーも忘れない、スナッグレス性能と確実なフッキング能力の両立を実現しています。
さらに詳しい情報はコチラ≫



<<前の5件  1 2 3 4 5..  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。